アルデブラン・デンタルクリニック

HOME Whitening Alignment Esthetic Implant Clinic

 

ホワイトニング

 

歯列矯正

 

審美歯科

 

インプラント

 

クリニック

 

HOME»  ハーフリンガル歯列矯正

 

ハーフリンガル歯科矯正とは?

ハーフリンガル歯科矯正とは?

 

 目立つ上のみ裏側で、目立ちにくい下は表側の歯列矯正です。 

 上下ともに裏側からの歯科矯正に比べて、不快感も少なく、また料金も低料金で済みます。


【上の歯は裏側】

 上の歯はよく目立つため、見えないように歯の裏側に歯科矯正装置を付けます。

【下の歯は表側】

 下の歯の裏側に矯正歯科装置を付けると、舌が常に当たるので不快感があり、話しづらいといったデメリットがあります。そこで、このデメリットを解消するために、下は表側に矯正歯科装置を付けます。

 下の歯は口唇で半分くらい隠れるため、目立ちません。

 当院のハーフリンガル歯列矯正では、下の表側は目立ちにくいように白いホワイトタイプのブラケットを使用します。

 

ハーフリンガル歯科矯正とは?

 

ハーフリンガル歯科矯正とは?

 

クリッピーL 上の歯の裏側に使用するブラケット

クリッピーL

 

クリッピーL

 

クリッピーL

 

クリッピーL

 

クリッピーLは世界最小サイズの裏側歯列矯正のブラケットです。
セルフライゲーションという独自のクリップ構造は開閉式で、簡単にワイヤーの付外しができます。
次のような特徴がございます。


1.違和感が少ない
厚さ1.5ミリと薄く小さいので違和感が少なく、話しづらくありません。

2.痛みが少ない
セルフライゲーション・システムは無理に歯を引っ張らないので痛みが少ない。

3.早く歯並びが治りやすい
ワイヤーとの摩擦抵抗が少なくスムースに歯が動きます。

4.チェアタイムが短い
ワイヤーの付外しが簡単なためチェアタイムが少なくて済みます。

 

エンパワー 下の歯の表側に使用する白いブラケット



 

 エンパワー歯列矯正ブラケットはセルフライゲーションと呼ばれる開閉式のクリップでワイヤーをセットします。これまでの歯列矯正のようにワイヤーをモジュールと呼ばれる小さなゴムリングでセットしないので、摩擦抵抗が少なく自然に歯が動くため、様々なメリットがございます。ただし、個人差がございます。

【治療期間が短い】

 歯列矯正初期のワイヤーが細い段階では摩擦抵抗が少ないので歯がスムースに早く動きます。そのため治療期間が数カ月早くなります。

【来院回数が少ない】

 エンパワーはクリップ式の開閉機構でワイヤーを装着します。これまでの歯列矯正のように小さなゴムリングを使用しません。小さなゴムリングは劣化するため交換する必要がございますが、エンパワーはゴムリングを使用せず、交換する必要がないので、来院間隔が2~3カ月に1回と少なくて済みます。

【1回の診療の時間が短い(チェアタイムが短い)】

 ワイヤーの着脱が簡単なので、1回の診療時間も短くて済みます。

【痛みが少ない】

 無理に歯に力をかけないので、痛みも少なくて済みます。

【きれいに治りやすい】

 開閉式のクリップ機構はワイヤーを浮かせることなく確実にワイヤーをセットできるので、歯がきれいに治ります。

 

料金

各種クレジットカード

 

大阪院、京都院、神戸院ともに矯正歯科・審美歯科・ホワイトニングなどで各種クレジットカードがご使用になれます。分割・リボ・ボーナス払いなど各支払方法にも対応しております。

WEBでご自身で簡単にお申込みになれるオリコ・デンタルローンを取扱っております。

 

オリコ・デンタルローン

 

 550,000円(税込 594,000円)

  月管理費 10,000円(税込 10,800円 最大24か月分)

  検査料・抜歯料・保定装置代を含む

  下顎ホワイトワイヤー +30,000円(税込 32,400円)

 

ご予約・お問い合わせは