アルデブラン・デンタルクリニック

HOME Whitening Alignment Esthetic Implant Clinic

 

ホワイトニング

 

歯列矯正

 

審美歯科

 

インプラント

 

クリニック

 

HOME»  インプラント審美歯科

 

インプラント審美歯科

前歯のインプラントは以下のような理由から最も難しいとされ、高い技術が求められます。

1.骨が薄い
前歯部の骨は薄いため正確な角度でインプラントを入れる必要がございます。

2.歯肉の保存が必要
歯肉が下がってくると、インプラント本体の金属が歯茎から見えることがございます。インプラントを入れた後に歯肉の状態を保存することが重要です。

3.審美性が求められる
本物の歯のような自然さといった審美性などが求められます。

 

正確さが求められる前歯部のインプラント

前歯部は骨が薄い
前歯部はインプラントを支える骨が薄いため、細くて長いインプラントを正確な角度で入れる必要がございます。
事前にCTによる診断で、インプラントを入れる角度を想定する必要ございます。
このインプラントを入れる角度が想定した角度とずれると、インプラント本体が骨からはみ出してしまうことになります。

 

前歯部は骨が薄い

 

下の前歯は歯が小さい
さらに下の前歯は歯の幅が小さく、歯と歯の間隔が極めて狭くなっています。
インプラントを入れる角度が少しでもずれると、隣の歯と十分な間隔が確保できなかったり、場合によっては隣の歯と当たってしまうリスクがございます。
ですから下の前歯は上の前歯と比べてもさらに正確さが要求されます。

 

下の前歯は歯が小さい

 

ノーベルガイドなら前歯でも正確にインプラントを入れられます
ノーベルガイドはCT診断で想定した角度そのままにインプラントを入れることができるので、骨が薄い前歯でも安心してインプラントを入れることができます。
またインプラントを入れるスペースが少ない下の前歯でも安全なインプラントを入れることができます。

 

ノーベルガイドなら前歯でも正確にインプラントを入れられます

 

審美性が求められる前歯部のインプラント

前歯部は歯の中でも最も人目につく場所です。
インプラントにかかわらず歯の治療では最も審美性、すなわち本物の歯のように見せる技術が必要です。

前歯部のインプラントの上部構造はオールセラミック歯が望ましい。
インプラントの上部構造(インプラントの上の歯の部分)は人工的ではなく、他の周りの天然歯と変わらない自然さが求められます。
そのためにはオールセラミック歯やジルコニア・セラミック歯など自然な透明感がある上部構造が望ましいといえます。
メタルセラミック歯は金属部分が歯茎から透けて見えたり、金属の成分が歯茎に溶け出し、歯茎が黒く見えるリスクがございます。
またフルジルコニア歯はやや人工的になります。

 

審美性が求められる前歯部のインプラント

 

オールセラミック歯にはジルコニア・アバットメント

オールセラミック歯は自然な透明感がある反面、アバットメント(土台部分)が透けやすいという難点がございます。
そこでインプラントの上部構造にオールセラミック歯を使用する場合には、白いジルコニアやゴールドのアバットメントを組み合わせて、アバットメントが透けないようにします。

 

審美性が求められる前歯部のインプラント

 

歯肉の保存が必要な前歯部のインプラント

前歯部のインプラントは歯肉が下がってくると、インプラント本体が歯茎から見えることがございます。
インプラント本体が歯茎から黒く露出すると見た目もよくありません。
しかし、インプラントを入れた直後に歯肉が下がることは多々ございます。また時間の経過とともに歯肉が下がっていくこともございます。
前歯のインプラントでは歯肉の状態を保存することが、重要です。

 

 

歯肉の保存が必要な前歯部のインプラント

 

ノーベルガイドは歯茎を切らない

ノーベルガイド・インプラントは歯茎を切らないため、インプラントを入れた直後に歯肉が下がるリスクが少なく、歯肉を保存しやすいメリットがございます。
また感染が少ないため長期間に渡っても歯肉の状態を保存するのに適しています。

 

ノーベルガイドは歯茎を切らない

 

ご予約・お問い合わせは